CRF230F

ひとつ前に戻る

リヤサスオーバーホールのススメ

◆『シズル感あるリヤサスペンションに』
一般にCRF230Fのリヤサスペンションはオーバーホール不可能と思われていますがそんな事はありません。
写真はとある女性ライダーに依頼されオーバーホールをさせて頂いたCRF230Fのリヤサスペンションです。
良く見て頂くとおわかりいただけますが、サスペンション上部にガスバルブを設置してあります。
これはまたいずれオーバーホールをする際に窒素ガス注入する際に必要な部分です。
この作業は直接ストラーダでは行いません、昔からお付き合いのあるMHプロダクツさんにお願いしています。
MHプロダクツさんはお隣の調布市にあり、バイクで15分位と言う立地の良さも手伝って良好なお付き合いをさせて頂いてます。
長年に渡るサスペンションチューニングのノウハウは他の追従を許しません。
私たちもその姿勢に対し絶対的な信頼を置いています。

CRF230Fの新車とオーバーホール後のサスの動きを実際に比較した所「全くの別物」でした。
動き方に質感があると言うのでしょうか、本当にしっとりとしてシズル感があると言う表現がぴったりです。
このオーナーさんは女性と言う事もあり、このサスのお陰でお肌もぴちぴちのシズル感が増したとばっちり大満足でした。(笑)
良いサスペンションになるとヘルメットの中で自然と笑顔になるものです、皆さんの愛車のリヤサスペンションも是非オーバーホールをして見て下さい。

「CRF230F リヤサスペンションオーバーホール価格明細」
オーバーホール一式¥15,000-
オイルシール・ダストシール・メタル交換¥5,000-
ガスバルブ増設¥5,000-
シャフト研磨¥3,000-
バンプラバー交換¥2,000-
合計¥30,000-(税別)
(車体からの脱着料金は別途)

@内容は特にチューニングをしたものでは無く、キッチリ丁寧に仕上げてくれます。
@遠方の方はサス単体だけでもお送り頂ければ大丈夫です。
@お預かり期間はサス到着後約一週間見ておいて下さい。
@車体ごとのお預かりもOKです、ご相談下さい。