SMOOTH RIDE

ひとつ前に戻る

May 2009「ステップコントロール習得方法」

◆コンクリートブロック利用法③
さあ今度はコンクリブロックをバイクと平行に利用しましょう。
やはりあせる事無く、ゆっくりチャレンジして下さい。

まずブロックの横でジャックナイフをして、コンクリブロックとの間合いを見ます。
ジャックナイフはステップを真下に思いっきり踏み込む事でリヤサスペンションをぎゅっと縮め、伸びてきた反動を利用しフロントブレーキをかけて、フォークを真下に押し付けるつもりでストロークさせてやると後輪は簡単に上がります。
でも一番大事なのはステップをしっかりと真下に踏み込む事です。 力んではいけません、体の力を抜いてチャレンジです。

この位リヤが上がれば上出来ですが、ここまで上げる必要はありません。
この時のポイントはカカトを充分上に上げてバイクが上方向に行く力を手伝ってあげる事。
そうすることで思った以上にリヤが簡単に上がるものです。


何回か練習して上の写真位に上がるようになったら、左足のカカトを「軽く」内側に押し込みます。
さらに左グリップをプッシュすると勝手にリアホイールが右に流れます。
乗ってしまえばこっちのもの、そのままの体勢を楽しみましょう。
アクションが決まったら、そのまま下ります。
ここでもそのままドスンと降りないで下がつるつる路面だと思い、猫足着地をするつもりでとにかくゆっくりと丁寧に降りる事です。
日頃からそんな心がけで乗って頂ければ愛車とより有効な関係を築くことが出来ます。
もちろんサントレにはこんなアクションを要求するセクションはありません。
無理は禁物、ゆっくり楽しみながらチャレンジです。
こういった遊びのアクションの中から発見出来る事は沢山あります、そもそもオフロードライディングに関してはドコにどんな風に力や体重をかけているのかを理解することが上達の超早道です。
そのためにもこういった遊びが大事だと、僕は考えています。