SMOOTH RIDE

ひとつ前に戻る

Oct 2010 SRJ yosh@さんの為に「普段から出来るバランス感覚向上トレーニング」


◆足を広げて視野も広げよう
まずは写真をご覧下さい。
ライダーは知人のユミさん、見事なスタンディングです。
とてもスリムで軽量な彼女ですが、バランス維持の為に足をステップから外して大きく外に出しています。
ガバっと股を広げてはしたないと思う無かれ、もうヨメに行っちゃったので良いのです。
この時ユミさんは周りにいる男性陣を尻目に抜群のバランス感覚でスタンディングを披露していました。
現在のトライアルシーンで足だしはバランス維持の為に当たり前のテクニックとなっています。
実はこの方法エンデューロライディングやもっとトライアルに近いトレッキングライドでも大変役に立つのです。
常々思うのですが、皆さんのライディングを見ていると単発の丸太超えとかステア系などのテクニックは非常に上手くて感心すること仕切りです。


しかし練習では上手なのにレースとなるとなかなか上手く超えられない人を良く見ます、一体それは何故なのでしょうか。
レースと言うシチェーションの場合、そういったトライアルチックなセクション手前の助走スペースと言うのはお約束と言える位に路面が荒れています。
路面が荒れていれば当然ながら加速はしにくいので登れる予定のステアや丸太もあえなく撃沈・・・そういった場所ではバイクの引き起こしも大変ですし体力も時間も失います。
しかし上手くバランスをとって加速して登れれば何も失うものはありません。




◆足を使う理由
日曜日になるとテレビで良く見るゴルフ中継、オフロードレースもテレビ中継される位になって欲しいなと思いながらチラ見します。
さて、ここで注目したいのは石川遼・・・・じゃなくて誰でもいいんです。
グリーンで選手がマーカーを置いてボールを拾い上げるときの仕草を見て下さい。
ボールを拾い上げるとき片足を軸にして後ろに足を伸ばして拾っていると思います。
なんであんな拾い方するんだろうなあと思い、自分で実践したら納得です。
普通はしゃがんだりしますが(写真参照)これ実は以外と体力を使います。
少しでも体力を温存するのもプロフェッショナルゴルファーとしてのテクニック。
先日スポーツマイスターの鈴木氏にこの話をした所、深く同意してくれました。
ならば我々もオイシイとこだけ頂いちゃってちゃっかし応用・実践してみましょう。



◆練習方法はとても簡単
ご覧の通り、こうやってちょっとで良いので意識的に足を出して拾ってみましょう。
足を横に出したり、逆の足を出したり、利き手で無い手で拾ってみたりと工夫次第で色々出来ます。
僕は足が短いから何も心配はありませんが、SRJ yosh@さんの様に足が長い人は後ろにタケさんとかいないか気をつけて実践してみて下さい。
また人ゴミの中ではやらないで下さいね、当たり前の話ですが。
これを繰り返す事によって自然とバランス感覚が磨かれて足腰も少しは強化されます。
出来ることなら足をシャキッと後ろに出した方がより効果的があります。
さらにモモからお尻にかけて意識とパワーを集中しますからヒップアップエクササイズも兼ねます。
バイクに乗るフィールドで最初に行うのは準備運動です、その時にもバイクに乗りながら片足を左右に思い切って出すような動きを取り入れて下さい。
日ごろから意識してやっておかないと実際には全く約に立ちません、とにかく毎日意識してあげるだけでも変化するものです体と言うのは。

拾ったモノはコレです。
2010 10月
渡辺 健